Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

乃木坂46 伊藤万理華 のお洒落な私服ファッション画像!愛用ブランドは? - AKB48Gのニッチなまとめ(新)

乃木坂46 伊藤万理華 のお洒落な私服ファッション画像!愛用ブランドは?

伊藤万理華その独特なセンスで乃木坂のオシャレ番長として有名なまりっかこと 伊藤万理華 ちゃん。

今回の記事では、そんなまりっかの愛用しているブランドや私服スナップ画像をまとめてみました。

スポンサーリンク

伊藤万理華 の私服について

伊藤万理華プロフィール

まず、私服について触れる前にまりっかの基本情報から見ていきましょう。

生年月日:1996年2月20日
血液型:O型
星座:うお座
身長:155cm

乃木坂46公式ホームページより

2015年12月現在、19歳です。

乃木坂のオシャレ番長

初期のころは、乃木坂のオシャレ番長といえば『乃木坂って、どこ?』での影響もあって西野七瀬ちゃんのイメージがついていました。
しかし、伊藤万理華ちゃんのブログでの個性的なファッション画像に徐々に注目が集まり、現在ではまりっかが乃木坂のオシャレ番長として不動の地位を築いています。

両親がデザイナー

伊藤万理華ちゃんの母親は元ファッションデザイナー、父親もデザイナーの仕事をしているそうです。
まりっかのオシャレさは両親からの影響が大きいのではないかと思われます。

愛用ブランド

【伊藤万理華 3種コンプ】 羽根の記憶 WebShop限定 公式生写真 乃木坂46

ブログにアップされているまりっかのファッションスナップには着用しているアイテムのブランドが公開されていることがあります。
過去のまりっかのブログを遡って、身に着けていたもののブランドの名前を抜粋してみました。(だいたいアルファベット順になっています)

Aquvii
bodysong.
bulle de savon
I am I
io
JEANASIS
jouetie
Kastane
KOTONA
made in HEAVEN
my panda
mystic
NORIKO NAKAZATO
Par Avion
SINA SUIEN
TARO HORIUCHI
YEAH RIGHT!!
YUKIFUZISAWA
あちゃちゅむムチャチャ

過去1年間ほどのブログを遡って、まりっかの着用していたもののブランド名を抜き出してみましたが、例えばearth music&ecologyやLOWRYS FARMなどの、一般的な大学生くらいの普通の女の子が愛用しているようなブランドがほとんどないように思えます。

自分が知っているのはjouetieくらいでした。
管理人がそこまで女性向けのブランドに詳しくないだけで、実際には有名なものもあるのかもしれないですが、まりっかの嗜好が同年代の一般的な女の子とは少し異なっていることは確かです。

年齢にもよりますが、他のアイドルだと先述したようなCMなどでもよく聞くブランドの服を着ていたりしますが、まりっかの着ている服はかなり個性的で、お洒落上級者の人しか知らないようなブランドのものが多いようです。

また、古服の割合もかなり多かったです。趣味は古着屋めぐりだそうです。
このあたりがまりっかの独特でお洒落なファッションの元になっているのでしょうか。

しかし、ファンからの「服を選ぶときに大切にしていることは何か?」という質問に対して、まりっかはブログで

持っている服に合うか重視。
良いと思ったらどんなに
着ないお店のものでも買う。

と答えています。

つまり、「よく買うお気に入りのお店もあるが、それだけにはこだわらずに自分の持っている服に合うと思ったものを買う」ということが、伊藤万理華ちゃんのオシャレさの秘訣なのかもしれません。

私服画像

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはまりっかの私服画像をどうぞ。

まりっかファッション
私服スナップ
伊藤万理華私服
私服スナップ
まりか私服画像
まりか私服
お洒落私服
お洒落番長
伊藤万理華私服
オシャレまりっか
私服まりっか
座るまりか
スカートまりか
私服スナップ
個性的私服
トレンチコート

まとめ

まりっかの服のセンスは、一般に「私服がお洒落」と言われているような他のメンバーのお洒落さとはベクトルがかなり異なっていて、一線を画しているように思えます。

また、まりっかは服だけではなく絵画などの美術センスも優れていることでもファンには知られていて、すっかり乃木坂の芸術担当となっています。

ファッションや芸術に疎い自分からすると、ときどきちょっとヘンテコだなあと思うことすらありますが、これからもこの独自路線を走っていって欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!
関連記事も是非お読みください!